【実験】紫シャンプーを茶髪・金髪・白髪にしてみた。ムラシャン効果後のビフォーアフター写真も!

紫シャンプー

近年、需要が高まりつつある紫シャンプーはヘアカラーの色落ちを防いだり、黄ばみを抑えてくれる便利なアイテムです。ハイトーンカラーやダブルカラーの人気と共に、紫シャンプーを使用する人も増えてきています。紫シャンプーが便利なのは知っていても、髪色によってどんな効果を得られるのか知っていますか?ここでは、紫シャンプーの基本情報と共に、紫シャンプーの茶髪・金髪・白髪ごとのビフォーアフターをまとめてご紹介します。

紫シャンプーってどんな効果があるの?注意点やおすすめの使用頻度は?

紫シャンプーとは

紫シャンプーはカラーシャンプーの1種で、通称「ムラシャン」とも呼ばれるアイテムです。
カラーシャンプーには様々な色がありますが、紫シャンプーには紫の色素が入っています。
主に黄ばみをおさえたり、ヘアカラーの色落ちを防ぎたい人に人気のある商品です。

最近では、ハイトーンカラーやハイブリーチをする人が増えるにつれて需要も高まっています。
紫シャンプーの種類も増えてきており、その効果や特徴も様々です。
黄ばみを取ることに特化したものや、紫の色素が濃いもの、薄いものなど商品ごとに違いがあります。

紫シャンプーを購入する際は、色の濃さなどの特徴や効果をきちんと調べてから購入することが大切です。

紫シャンプーの効果

紫シャンプーの効果は主に次の通りです。
・髪の黄ばみを取る
・透明感のある髪色にしてくれる
・色落ちを防ぐ
・色落ちが緩やかで綺麗

主な効果はこの4つになります。

紫シャンプーの効果としてよく知られているのが、黄ばみを取ってくれる効果です。
髪の黄ばみはヘアカラーやブリーチをした後、時間が経つと出てきます。
髪色によっては黄ばみが出てくると色が汚く見えたり、濁って見えることもあるので悩む人も多いです。
紫シャンプーは黄色の補色である紫の色素を髪に浸透させることで、黄ばみを打ち消す効果があります。
ハイブリーチをした髪に紫シャンプーを使用した場合、黄ばみが消えて白っぽいプラチナブロンドヘアーにできます。

また、黄ばみを取ってあげると髪の濁りが消えて、ヘアカラーに透明感が出るのも紫シャンプーの効果の1つです。
この効果は特に、寒色系やハイトーンカラーにしている髪だとより効果を感じられます。

3つ目の効果が、紫の色素を髪に浸透させて色落ちを防ぐ効果です。
寒色系のヘアカラーは色落ちしやすいデメリットがありますが、紫シャンプーを使用することで色を補填して綺麗な色を保ちやすくなります。
紫シャンプーは抜けた色を補填してくれるだけではなく、商品によっては髪から色が抜けるのを防ぐ成分が入っているものもあります。
商品ごとに効果も変わってくるので、事前に効果を調べておきましょう。

最後の効果が、緩やかに綺麗に色落ちしてくれることです。
紫シャンプーの紫色を髪に浸透させる効果と、黄ばみを取る効果をあわせることで、退色の仕方が緩やかになるだけでなく、色落ちの仕方も綺麗です。

紫シャンプーを使用するときに注意するポイントは?

紫シャンプーを使用するときの注意ポイントは次の通りです。
・紫シャンプーはダメージケアが苦手
・紫シャンプーを使用するときは汚れに注意!
・紫シャンプーとヘアカラー剤は違うもの
主に注意するポイントはこの3つになります。

1つ目の注意ポイントは、紫シャンプーはダメージケアが苦手なことです。
紫シャンプーの中にはヘアケア成分が入っているものもありますが、多くの商品はダメージケアが苦手です。
髪質によっては髪がキシキシしたり、乾燥したりして使い続けるとどんどん傷んでくる恐れがあります。
紫シャンプーを使用する際は、ヘアケアができるように一緒にトリートメントを使用してあげるのがおすすめです。
また、トリートメントを使用する際は、紫の色素が入った紫トリートメントを使用してあげると紫シャンプーの効果が薄まることもありません。

2つ目の注意ポイントは、紫シャンプーを使った時の衣服や浴室・洗面所の汚れです。
紫シャンプーを使用した後、きちんとシャワーで洗い流せていないとタオルや服に汚れが付くことがあるので気を付けましょう。
浴室や洗面所に紫シャンプーがついて乾いてしまうと、汚れを落とすのが大変になるのでできるだけ早く洗い流してください。

最後の注意ポイントが、紫シャンプーとヘアカラーは別物という点です。
たまに勘違いする人もいるのですが、紫シャンプーは髪を染めるためのものではありません。
紫シャンプーだからと言って紫に染めようとしたら、予想に反して変な色合いになることもあるので気をつけてください。

紫シャンプーのおすすめな使用頻度は?

紫シャンプーはヘアケアの面やコスパなどを考えた時に、毎日の使用には適さないシャンプーです。
ただし、紫シャンプーは継続して使用しないと効果を十分に発揮できないアイテムでもあります。
そのため、継続して数日おきに使用するのがおすすめです。

紫シャンプーを1週間使用しないと黄ばみや退色が出てくるので、2~3日に一度は使用するようにしましょう。
黄ばみやすい髪色や髪質の場合なら2日に1度は使用した方が良いですが、基本的には3日に1度の使用で大丈夫です。
商品によっても紫シャンプーの持ちは変わってくるので、実際の効果を見ながら使用頻度を決めましょう。

紫シャンプーを茶髪に使用した場合

紫シャンプーは茶髪にもおすすめ?

ブリーチした髪の黄ばみを取るのによく使用される紫シャンプーですが、茶髪にもおすすめのアイテムです。
茶髪に使用することで、黄ばみがとれて柔らかで透明感のある色合いにすることができます。
特に茶髪の場合、黄ばみが出てくるとパキっとした印象になりがちなので柔らかなブラウンやミルクティー色にしたい人におすすめです。

茶髪に使用する場合に注意してほしいのが、暗めの茶髪の場合だと変化があまり感じられない点です。
ダブルカラーをしている人や、明るめの茶髪にしている人の方が紫シャンプーを使用した時に変化を感じられます。
茶髪にしていて黄ばみが目立って気になる人は、紫シャンプーを試してみてください。

紫シャンプーを茶髪に使用した時のビフォーアフター

実際に紫シャンプーを茶髪に使用してみました。
左が元の茶髪の状態で、右側が紫シャンプーを使用した結果です。
画像では分かりづらいのですが、紫シャンプーを使用した毛束の黄ばみがとれているのが分かります。

元の茶髪の毛はパキっと硬い色合いになっているのですが、黄ばみが取れて落ち着いたベージュ系の色になっています。
紫シャンプーの種類にもよるのですが、今回使用したものは使うと若干髪色がトーンダウンしました。
このくらいの明るさの茶髪だと、紫シャンプーの効果が分かりやすいです。

紫シャンプーを茶髪に使用するときのポイント

紫シャンプーを茶髪に使用するときのポイントは以下の通りです。
・暗すぎる茶髪よりも明るい茶髪の方が効果を感じやすい
・紫シャンプーによっては色合いが変わるので気をつける
・アッシュ系の茶髪には紫シャンプーがおすすめ

まず紫シャンプーを茶髪に使用するときに注意してほしいのが、髪の明るさです。
紫シャンプーは髪色が暗すぎると効果を実感しにくいアイテムです。
紫シャンプーの効果を最大限に発揮したい時には、明るめの茶髪に使用しましょう。
また、明るめの茶髪に使用するときには色合いの変化に注意してください。
色素が濃い紫シャンプーだと、紫の色が髪に強く出過ぎて髪色が変わってしまうこともあります。
茶髪で寒色系なら問題ありませんが、ブラウンベージュやミルクベージュなどの色にしている場合は気をつけてください。

紫シャンプーを金髪に使用した場合

紫シャンプーで金髪の黄ばみがとれる?

紫シャンプーの使用が特におすすめなのが金髪です。
紫シャンプーの黄ばみを取る効果で金髪の黄ばみを取って、透明感のある柔らかな金髪にしてくれます。
継続して使用していると、ハイブリーチをした髪なら白っぽいプラチナブロンドに近づけることもできます。
金髪は時間が経つと黄ばみや嫌なオレンジが出てきますが、紫シャンプーを使用してあげることで綺麗な色合いを保てるので試してみてください。

紫シャンプーを金髪に使用したときのビフォーアフター

左が元の金髪で、右が紫シャンプーを使用した髪になります。
アフターの画像が少し暗いのですが、黄ばみがしっかり取れました。
特に毛先の方が白っぽくなっています。
この状態から継続して使用すると、更に紫シャンプーの効果を感じられます。

紫シャンプーの種類にもよりますが、今回は使用後に落ち着いたトーンになりました。
色素の濃さによっては、明るさのトーンをそのままに黄ばみを取れるものもあります。
期待する効果によって紫シャンプーを選びましょう。

紫シャンプーを金髪に使用するときのポイント

紫シャンプーを金髪に使用するときのポイントは次の通りになります。
・色素が入りすぎないように工夫する
・髪質にあった紫シャンプーを使用する
・ヘアケアに気をつける

金髪に紫シャンプーを使用する際は、紫の色素が髪に入りすぎないように気を付けましょう。
特に綺麗なブロンドヘアーにしたい場合は、色が入りすぎるとトーンが暗くなったり髪が紫っぽくなったりするので注意が必要です。
放置時間を長くし過ぎたり、色素の濃い商品を選ばないようにしてください。

また、髪質にあった紫シャンプーを使用するのも大切です。
髪の太さや黄ばみやすさなどによっても、紫シャンプーの効果がかわってきます。

最後にハイブリーチによって金髪にした髪は傷んだ状態になります。
そこに紫シャンプーを使用すると、髪がさらに傷む恐れがあるので気をつけてください。
金髪に紫シャンプーを使用する際は、ヘアケアをきちんとして髪のコンディションをできるだけ整えましょう。

紫シャンプーを白髪に使用した場合

紫シャンプーを白髪に使用するとどうなるの?

白髪にも紫シャンプーは使用できます。
自然な白髪だけでなく、ハイブリーチによって白髪にした場合でも、黄ばみに悩む人は多いです。
紫シャンプーを使用することで、透明感のある綺麗な白髪にすることができます。
カラーシャンプーの1つのシルバーシャンプーも、黄ばみを取る効果がありますが、紫シャンプーの方が黄ばみを取る力は高いです。
ただし、紫シャンプーの色素が濃いと、白髪が紫色に染まってしまうことあるので注意が必要です。

紫シャンプーを白髪に使用したときのビフォーアフター

左が元の黄ばんだ白髪、右が紫シャンプーを使用した状態になります。
今回の実験では紫の色素が濃くつきすぎて失敗してしまいました。
紫シャンプーの種類によっては、今回のように紫色に染まってしまうので注意してください。
黄ばみはきちんととれているのですが、これでは紫すぎますね。
髪の束の上の方は黄ばみのとれたグレーヘアっぽくなっています。

紫シャンプーを白髪に使用するときのポイント

紫シャンプーを白髪に使用するときのポイントは次のとおりです。
・紫シャンプーの色素の濃さに注意!
・白髪は傷みやすいのでヘアケアをしっかりすること!

今回の実験結果のように、紫シャンプーの色素が濃いと白髪が紫になってしまいます。
紫シャンプーを白髪に使用する際は色素の濃さや髪への浸透度合いに注意してください。
紫シャンプーを使用する頻度や放置時間を工夫すると、綺麗な白髪を作りやすいです。
また、白髪は傷みやすいのでヘアケアもしっかりしましょう。
紫シャンプーと一緒にトリートメントを使用したり、ヘアケアできる通常のシャンプーと併用したりして髪の調子を整えましょう。

黒髪に紫シャンプーを使用するとどうなるの?

黒髪に紫シャンプーを使用しても効果がない?

黒髪に紫シャンプーを使用するのはあまり意味がありません。
紫シャンプーは髪がある程度明るくないと、効果を実感しにくいアイテムです。
もし、黒髪に紫シャンプーを使用したとしても効果は感じられません。
黒染めなどをした髪の場合なら、黒染め用のカラーシャンプーを使用しましょう。

紫シャンプーはヘアカラーやブリーチをした髪におすすめ!

紫シャンプーはヘアカラーやブリーチをした明るいトーンの髪への使用がおすすめです。
紫シャンプーの黄ばみを取る効果は、ハイトーンの寒色系のヘアカラーだと効果を感じやすいです。
同じ寒色系のヘアカラーでも暗い髪色だと効果をあまり感じられないことも少なくありません。
黒髪ではなくても若干色が変わった程度の髪色だと、紫シャンプーの使用はおすすめしません。
せっかく紫シャンプーを購入しても、効果を得られないとがっかりしますよね。
事前にどのくらいの髪色に効果があるのかを調べておくのもおすすめです。

髪色にあわせたカラーシャンプーの使用が大切

紫シャンプーだけでなく、カラーシャンプーを使用する際に大切なのが髪色にあわせた商品を使用することです。
紫シャンプーの場合だと、ピンク系や暖色系のヘアカラーに使用すると色合いが変わってしまう恐れがあります。
紫シャンプーの場合なら寒色系やブラウン系、ハイブリーチをした髪への使用がおすすめです。
また、紫シャンプーの色の濃さを調べることで髪色にあった商品を選べます。

紫シャンプーの効果や特徴を最大限に活かすためにも、髪色にあわせた商品を選びましょう!

とても便利な紫シャンプーですが、商品ごとに効果や特徴が変わってきます。
茶髪、金髪、白髪に使用した際に得られる効果も商品によって変わってくるので、事前に商品をきちんと選ぶことが大切です。
また、髪色ごとに紫シャンプーを使用する際のポイントも変わってきます。
紫シャンプーの効果や特徴を最大限に活かすためにも、髪色にあわせたものを選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました