【検証】ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いは?混ぜるとどうなる?

ピンクシャンプー

カラーシャンプーの中でも有名なのが、ピンクシャンプーと紫シャンプーです。2つの分かりやすい違いはシャンプーの色ですが、それ以外の効果の違いについて詳しく知っていますか?ここでは、ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いと、2つのシャンプーを混ぜたときの実験結果や効果などを紹介します。

ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いってなに?茶髪や黒髪、白髪など、髪色による効果の違いとは

まずピンクシャンプーの効果は?

ピンクシャンプーで一番期待できる効果が、ピンクの色素を髪に浸透させてピンク系や赤系のヘアカラーの色持ちを良くしてくれる効果です。
また、髪の黄ばみや緑っぽさをおさえる効果もあります。
色素の濃さや色味の違いによって、黄ばみや緑っぽさをおさえる効果は変わってきます。

じゃあ紫シャンプーの効果は?

紫シャンプーで特に期待できるのが、黄ばみをおさえる効果です。
この効果はピンクシャンプーよりも優秀で、ブリーチした髪に使用してダブルカラーの下地として使用することもできます。
ブリーチした髪に使用すると、黄ばみのない透明感のあるプラチナブロンドにできる紫シャンプーもあります。

ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いとは?

ピンクや赤などの暖色系の髪色に染めた時はピンクシャンプー紫や青、アッシュなどの寒色系に染めた時は紫シャンプーがおすすめです。
また、黄ばみをおさえる効果にも違いがあります。
紫シャンプーの方が黄ばみをおさえる効果が高いので、黄ばみをしっかり取りたい時には紫シャンプーがおすすめです。
どちらのカラーシャンプーも、黒髪にはおすすめできません。
また、茶髪の場合はピンクシャンプーがおすすめです。
白髪の黄ばみが気になる場合はムラシャンがおすすめですが、色素の濃さによっては髪が紫になるので注意してください。

【検証】ピンクシャンプーと紫シャンプーを混ぜるとどうなる?

ピンクシャンプーと紫シャンプーを混ぜてみました!

ピンクシャンプーとムラシャンを混ぜるとどうなるのか気になったので実際にロイドのピンクシャンプーと紫シャンプーを混ぜて使用してみました。
左から元の毛束、2つのシャンプーを混ぜて使用した毛束、ピンクシャンプーを使用した毛束、ムラシャンを使用した毛束です。
2つのシャンプーを混ぜた毛束は、黄ばみのない柔らかなブラウン系の色になりました。

ピンクシャンプーと紫シャンプーを混ぜたときの効果とは

ブリーチした際に紫シャンプーを使用すると色味によっては、髪が緑っぽくなることがあります。
この場合、ムラシャンとピンクシャンプーを混ぜることで、緑っぽさをおさえることができます。
また、暖色系のヘアカラーで黄ばみが気になるときに、ピンクシャンプーとムラシャンを混ぜて使用するのもおすすめです。
いやぁ混ぜるのもありなんですね。。

ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いを知って、綺麗な髪色を長く楽しみましょう!

ピンクシャンプーと紫シャンプーはそれぞれ違った良さがあります。
効果や特徴を知ることで、髪色や期待する効果にあわせた商品を選ぶことができます。
ピンクシャンプーと紫シャンプーの違いをきちんと理解して、綺麗な髪色を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました