【実験】シルバーシャンプーを茶髪・金髪・白髪にしてみた。効果後のビフォーアフター写真も!

シルバーシャンプー

シルバーシャンプーにはヘアカラーの色落ちを予防する効果があります。この効果は髪色によってどのように変化するのでしょうか?シルバーシャンプーを実際に茶髪・金髪・白髪に使用して、効果の違いを検証してみました。

【ビフォーアフター】茶髪・金髪・白髪にシルバーシャンプーを使ってみた!

実験に使用したN.のシルバーシャンプー

今回の実験にはN.のシルバーシャンプーを使用しました。
このシルバーシャンプーを、白髪、金髪、茶髪の毛束に使用して効果を調べていきます。

シルバーシャンプーを使用した実験結果!

金髪、白髪、茶髪の毛束とシルバーシャンプーを使用した毛束を並べました。
まず、金髪の毛束のビフォーアフターを見てみると、しっかりシルバーの色が毛束に入って、黄ばみもおさえられているのが分かります。
また、アッシュ系の色になり、黄ばみがおさえられていることで、透明感が増しています。

次に白髪の毛束のビフォーアフターです。
若干あった黄ばみがほぼ消えて透明感のあるグレーカラーになっています。

最後に茶髪の毛束のビフォーアフターですが、ほぼ変化が見られませんでした。

シルバーシャンプーは茶髪・黒髪・白髮によって効果が違う!

茶髪にシルバーシャンプーを使用しても効果がない?

3パターンのビフォーアフターを調べましたが、茶髪にシルバーシャンプーを使用したパターンでは変化が見られませんでした。
今回使用した毛束のように、色が暗すぎるとシルバーシャンプーの効果は得られません。
もっとトーンの明るい茶髪なら効果を感じられるかもしれませんが、ブリーチをした髪に比べると、変化は乏しくなるので注意してください。
シルバーシャンプーは髪の明るさによって効果が変化します。

髪色によってシルバーシャンプーを選ぶことも大切!

ほとんどのシルバーシャンプーの場合、ブリーチをした明るい髪色に使用することを前提に作られています。
暗い髪色の場合はシルバーシャンプーの良さを最大限に発揮できない可能性が高いです。
また、シルバーシャンプーは種類によって、色素の濃さや色が若干変わってきます。
色素の濃さによっては、明るい髪でも効果を感じにくいこともあるので注意してください。
また、濃すぎると白髪などのハイトーンの髪に色が浸透しすぎることもあります。
シルバーシャンプーを選ぶ際は、色素の濃さや髪色に注意することも大切です。

シルバーシャンプーは髪色によって効果が変わってきます!きちんと特徴を知ることが大切です

ヘアカラーの色落ちを予防してくれるシルバーシャンプーはとても便利なアイテムです。
しかし、髪色によって効果が変わってくることを覚えておかないと期待する効果が得られずに、がっかりしてしまいます。
シルバーシャンプーを購入する前に、きちんと髪色によって効果が変わってくることを把握しておくことが大切です。
また、シルバーシャンプーごとに色素の濃さが違うので、事前に口コミなどで商品ごとの色素の濃さや色味などを確認しておくのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました