ケラスターゼのムラサキシャンプーの使い方を検証!紫シャンプーの効果的な頻度など。

紫シャンプー

どうも、紫シャンプーLABO編集部です!
数多くあるムラシャンの中でも、今回ご紹介する内容はヘアケア製品で有名なあのケラスターゼから発売されている紫シャンプーとなっています。
どのような検証結果になったのでしょうか?
それでは早速、記事本編のほど見ていこうと思います!

関連記事:【徹底比較】紫シャンプーのおすすめ人気ランキング14選!【効果的なムラシャンの使い方も】

まずそもそも紫シャンプーとは?

紫シャンプーはカラーシャンプーの一種で、紫の色素が配合されたシャンプーになります。
主にヘアカラーをした髪やブリーチをした髪に使用し、紫の色素を髪に浸透させて使用します。
紫の色素を髪に浸透させることで、アッシュ系やベージュなどのヘアカラーの色を綺麗に保てるのが大きな効果の1つです。
また、黄色と補色の関係にある紫色を髪に入れると、黄ばみを打ち消してくれる効果もあります。
継続して使用することで退色を遅らせる効果もあり、頻繁に美容院へメンテナンスへ行けない人にも人気です。

ケラスターゼの詳しい商品情報

もともと皮膚にある物質で柔軟性や弾 力性を支えてくれる、「保湿・保水成分」を配合。
ウルトラバイオレットニュートラライザー(色を補正する)でハイトーンカラーヘアの 黄味・オレンジ味を補正します。

商品名 ケラスターゼ
容量 250ml
価格 2950円
ml単価 11.8円
Amazonリンク ケラスターゼの購入はこちらから
成分 水,ラウレス硫酸Na,ココベタイン,塩化Na,ジステアリン酸グリコール,コカミドMIPA,ジメチコン,クエン酸,安息香酸Na,水酸化Na,ヘキシレングリコール,紫401,サリチル酸,カルボマー,リモネン,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパク,酢酸Mg,グリセリン,ヒアルロン酸Na,トコフェロールなど

紫シャンプーの使用頻度はこちら

紫シャンプーは基本的には毎日の使用はおすすめできません。
理由としては、紫シャンプーはヘアケアが苦手な点と通常のシャンプーよりも高価な点です。
紫シャンプーは継続して使用することで効果を発揮するのですが、毎日使用するとなると大変なのも理由の1つです。

1週間使用しないと黄ばみや色落ちが出てくるので、紫シャンプーは2~3日に一度くらいの頻度で使用しましょう。
髪が黄ばみやすかったり、色落ちしやすい場合は2日に一度は使用するのがおすすめです。
通常は3日に一度くらいの使用で大丈夫です。
紫シャンプーを使用しない日は、通常のシャンプーでしっかりヘアケアをしましょう。

ケラスターゼの製品口コミはこちら

ケラスターゼの高評価口コミ

水色に染めて黄ばみ防止に使っていましたが、色落ちがいいグレーになってくれました!!値段に裏切られない品質で感動します。ドラッグストアに置いて欲しいレベルです!
ただ、ボトルがあまり大きくないので市販のシャンプーよりも無くなるのは早めです。
リピートしたくなると思います、、

出典:Amazon

ケラスターゼのマイナスな口コミ

商品の本体に ラベルシールがついているのが残念。
ベタつきなく綺麗に剥がれるのであれば問題ないのですが、よろしくないです!
[シールはがし]または[ネイル剥がしのリムーバ〈徐光液〉]で剥がすしかない。その手間がストレス。

出典:Amazon

ケラスターゼの紫シャンプーを使って実際に検証してみた

実際にケラスターゼのムラサキシャンプーの検証風景はこちらになります。

ケラスターゼ紫シャンプーの放置時間は?

ケラスターゼの放置時間は5~10分程度放置するといいようです。
髪色や髪質によって色素の浸透具合も変わってくるので、色の入り方を確かめながら使用しましょう。

ケラスターゼの紫シャンプーを金髪に使用した結果!

ケラスターゼのムラサキシャンプーを実際に使用してみました。
今回の検証の放置時間はメーカー推奨時間の10分で検証しました。
上記の写真からも分かるように、ケラスターゼで染めた毛束はかなり紫味が入っており、本の桁日の黄ばみが取れていることが分かります。

最後に:紫シャンプーは髪色と合わせて選定しよう

今回ご紹介した紫シャンプーは、ケラスターゼが初めて出した、ハイトーンカラー用のケアシャンプーとなっています。
検証の写真を見ても分かる通り、かなり良い色がでていましたねー!
他にもムラサキシャンプー検証をしているので、各製品の比較が見たい方は下記より御覧ください。
関連記事:【徹底比較】紫シャンプーのおすすめ人気ランキング14選!【効果的なムラシャンの使い方も】
以上、紫シャンプーLABO編集部でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました