ソマルカのピンクシャンプーの使い方を実際に検証!毎日はNG!?ピンクシャンプーの効果的な頻度も。

ピンクシャンプー

皆さんソマルカのピンクシャンプーをご存知ですか?ホーユーから出ているピンクシャンプーなのですが、カラーチャージとのダブル使いで更に色持ちを維持することも可能です。髪をケアしながら、色をしっかりとチャージできるのはとても良いですよね。今回はそんなソマルカのピンクシャンプーを使用して使い方を検証してみました。

そもそもピンクシャンプーとは?

ピンクシャンプーとはピンクの色素が入ったシャンプーの事です!
紫シャンプーなどと同じカラーシャンプーの事で、ピンクの色素を髪に浸透させることで色持ちを良くしたり、髪の黄ばみをおさる効果が期待できます。

ヘアカラーの中でもピンクは特に退色しやすい色になっているので、鮮やかなピンク色に髪を染めてもすぐに色あせてしまいます。
それだけではなく、ブリーチを一緒にしていた場合は色落ちと共に黄ばみが目立ち、色味が汚く見えることも少なくありません。
ピンクシャンプーは暖色系の色味を長く保ちたい人や、頻繁に美容室へ通えない人に人気のアイテムです。

最近ではピンクシャンプーを販売するブランドも増えていて、商品ごとに効果や特徴が違ってきます。
ピンクシャンプーを選ぶときは、効果や特徴をきちんと把握して自分にあった商品を見つけることが大切です。

ソマルカのピンクシャンプーの特徴

わたしらしくソマル。をコンセプトにしているソマルカは、サロンで染めた髪色をより長く楽しむことが出来ます。自分でできる手軽なケアで髪のコンディションを整えながら、髪色をコントロールできるなんてとても魅力的ですよね。ソマルカのピンクシャンプーの特徴をしっかり捉え、綺麗な髪を手に入れましょう。

手の爪が染まりにくい

ソマルカのピンクシャンプーは髪にはしっかりと色が入るのに、爪は染まりにくいです。これは色素を絶妙なバランスで配合しているからです。自爪やネイルにつきにくいのはとてもありがたいですよね。しかし、いくらつきにくいといってもネイルの種類などによっては色がついてしまう可能性もあるので、気になる方は手袋などを使用すると良いでしょう。

次のカラーの直前まで使える

「カラーシャンプーを直前まで使うと、色素が残って思い通りの髪色にならない」と思われる方も多いと思います。実際、大半のカラーシャンプーはサロンでカラーしてもらう直前まで使用すると、色素が残ってしまうので、美容師さんを困らせることになります。しかし、ソマルカのシャンプーはサロンにも使い勝手の良い色素成分が配合されているので、サロンカラー直前まで使っても問題ありません。

ソマルカのピンクシャンプーの使い方

ソマルカのピンクシャンプーの特徴が充分分かったところで、使い方を説明していきます。

いつものようにシャンプーするだけ!


使い方はいつものシャンプーと何ら変わりはありません。髪と地肌をよく濡らした後、こちらのピンクシャンプーで洗っていくだけです。手のひらで泡立ててから使うと色ムラも無く綺麗に色素を入れることが出来ます。いつものシャンプーにおきかえるだけで、簡単に色持ちを良くしてくれるのでとても楽ちんです。泡立てた後に2~3分放置してから流すことでより効果を実感することができます。

毎日使ってもいいの?

毎日使うと傷むかもしれないと思われる方もいるかもしれませんが、結論から言うと毎日使っても大丈夫です。毛髪保護成分のマカデミアナッツオイルとラノリンが配合されていて、この2つによってキューティクルをケアし、髪に潤いが与えられています。色をキープさせたい方は2~3日に1回色が落ちてきた方は毎日使用すると良いでしょう。

使用頻度や効果は髪質や求める髪色によって変わる

ソマルカのピンクシャンプーは、ツヤを感じさせるやわらかなピンク色です。上の写真は10分放置したものですが、優しいピンク色になっています。髪質や求める髪色によって毎日使用するのが良いのか、2~3日に1回使用するのか、自分に合った頻度で使用しましょう。

上手に使って綺麗な髪色を維持しよう

 

ピンクシャンプーにはたくさんの種類がありますが、今回はその中でも優しい色味ソマルカピンクシャンプーの使い方をご紹介しました。優しい色味なので、緑の補色として緑味を消すというよりは、暖色系ヘアカラーの色持ちを良くするという使い方の方が実力を発揮してくれそうです。また、ソマルカにはシャンプーだけでなく、カラーチャージというトリートメントに色素が入ったようなものもあります。シャンプーの後にカラーチャージを使用することによって、髪をケアしながらもしっかりと色味を入れることが出来ます。ソマルカのピンクシャンプーを上手に使って綺麗な髪色を保ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました