【実験】ピンクシャンプーを茶髪・金髪・白髪にしてみた!ピンクシャンプー効果後のビフォー・アフター写真も!

ピンクシャンプー

どうも編集部です。
今回ご紹介する内容は、「茶髪にピンクシャンプーを使用しても効果はあるのか?」ということで実際に、茶髪の毛束を使用して検証して行こうと思います。
今回の記事は茶髪の方や、ピンクシャンプーをこれから使用しようとしている人向けに、参考のなる記事となっています。
それでは早速記事本編チェックしていきましょう!

人気記事:【比較】市販のピンクシャンプーおすすめ人気ランキング9選【口コミ・使い方も検証!】

ピンクシャンプーってどんな効果があるの?注意点やおすすめの使用頻度は?

ピンクシャンプーにはどの様な効果があるのでしょうか?
注意点や頻度と共にご紹介していきます!

ピンクシャンプーとは?

ピンクシャンプーとは、ピンクの色素が入ったシャンプーとなっています。
ピンクシャンプーに含まれるピンク色の色素が毛髪に浸透することで赤やピンクといった暖色系カラーの色持ちを良くしたり黄ばみをおさえる効果があります。
ピンクシャンプーは暖色系の色味を長く保ちたい人や、頻繁に美容室へ通えない人人気のアイテムとなっています。
ピンクシャンプーは数多くの種類が登場しており、商品ごとに効果や特徴が違います
効果や特徴をきちんと把握して自分にあった商品を見つけましょう。

ピンクシャンプーの効果

ピンクシャンプーの効果は主に下記の2通りです。

・綺麗な髪色のキープを助けてくれる
・黄ばみをおさえたり、緑っぽさをおさえてくれる

そんなピンクシャンプーで一番期待できる効果が、ピンクの色素を髪に浸透させる事でピンク系や暖色系の髪色が保ちやすくなる効果です。
また、紫シャンプーよりも効果は劣りますが、黄ばみをおさえる効果もあります。
その他にも、退色によって緑っぽくなった髪に使用することで、緑っぽさをおさえてくれるのもピンクシャンプーの特徴です。

ピンクシャンプーを使用する際の注意点とは?

ピンクシャンプーを使用する際に、注意していただきたいポイントは髪の明るさです。
ピンクシャンプーは赤色やピンク色の髪色を補助するカラーケア品となっている為、髪色が暗すぎると効果が実感しにくいアイテムになっています。
ピンクシャンプーの効果を最大限発揮したい時は、ブリーチありの髪に使用しましょう!
また、明るめの茶髪などの髪色に使用する際は、色合いの変化に注意してください。
色素が濃いピンクシャンプーだと、ピンクの色が髪に強く出すぎて髪色が変わってしまう事もあるので気をつけて下さい!

【検証あり】ピンクシャンプーをブリーチなしの毛束に使用した場合

実際にピンクシャンプーをブリーチなし毛束に使用し、色味が入るのかを検証してみました!

STEP1.ブリーチなし毛束とピンクシャンプーをご用意

今回ご用意したのがこちらのブリーチなしの黒髪の毛束と、ピンクシャンプーROYDです。
それでは早速検証していきましょう。

STEP2.ブリーチなしの毛束に

早速ブリーチなしの黒髪の毛束にハケでピンクシャンプーを塗布します。

STEP3.塗布後5分放置

STEP.2の状態で今回は5分間放置します。

ブリーチなし毛束へのピンクシャンプーの結果がこちら

実際のブリーチなしの毛束にピンクシャンプーを使用した結果がこちらになります!
左が今回ピンクシャンプーを使用した毛束で、右が元の毛束になっています。
あれ。。色味があまり変わっていないのは写真から見て取れますね。
やはり、ピンクシャンプーを黒髪に使用しても効果がないという結果に!

【検証あり】ピンクシャンプーを茶髪の毛束に使用した場合

実際にピンクシャンプーを茶髪に使用し、色味が入るのかを検証してみました!

STEP1.茶髪の毛束とピンクシャンプーをご用意

今回ご用意したのがこちらのブリーチなしの黒髪の毛束と、ピンクシャンプーROYDです。
それでは早速検証していきましょう。

STEP2.茶髪の毛束に塗布

STEP3.塗布後5分放置

STEP.2の状態で今回は5分間放置します。

茶髪の毛束へのピンクシャンプーの結果がこちら

検証結果が上記の写真になります。
あまり毛束にピンクシャンプーの効果が現れていないのが写真からも分かります。
やはり茶髪の髪だと効果が薄くなるんですね。。

【検証あり】ピンクシャンプーを白髪の毛束に使用した場合

実際にピンクシャンプーをブリーチなし毛束に使用し、色味が入るのかを検証してみました!

STEP1.白髪の毛束とピンクシャンプーをご用意

続いてはピンクシャンプーのROYDと白髪の毛束をご用意しました!
白髪の毛束だとブリーチなし・茶髪の毛束と比較してもかなりピンクシャンプーの効果が現れているのが上記の写真からも分かります。
ピンクシャンプーは白髪の方にも効果的となっているようですね。。

STEP2.白髪の毛束に塗布

それでは白髪の毛束にピンクシャンプーを塗布していきます。

STEP3.塗布後5分放置

STEP.2の状態で今回は5分間放置します。

白髪の毛束へのピンクシャンプーの結果がこちら

続いてはピンクシャンプーのROYDと白髪の毛束をご用意しました!
白髪の毛束だとブリーチなし・茶髪の毛束と比較してもかなりピンクシャンプーの効果が現れているのが上記の写真からも分かります。
ピンクシャンプーは白髪の方にも効果的となっているようですね。。

最後に:ピンクシャンプーの効果は髪の明るさによって違うので注意が必要

いかがでしたでしょうか?
今回の検証記事ではピンクシャンプーを使用する毛束は、茶髪かブリーチありの髪・白髪などの明るい髪に使用した方が良いという事が分かったのではないでしょうか?
やはりピンクシャンプーなどのカラーシャンプーは本来の使用用途であるピンク系や暖色系の髪色を保つ事を目的として明るい髪に使用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました