【話題】業界1の濃さで有名なフィヨーレのクオルシア ピンクシャンプーをご紹介!使い方や効果なども記載。

ピンクシャンプー

どうも、紫シャンプーLABO編集部です。
今回ご紹介する内容は、業界1の濃さで有名なフィヨーレのクオルシアシャンプーのピンクについての記事となっています。
本記事を読むことで、フィヨーレのピンクシャンプーの特長や効果などのあれこれを知ることが出来ます。
それでは早速、本記事の方見ていきましょう。
下記に関連記事を貼っていますので、こちらもご覧くださいませ!
関連記事:クオルシアの紫シャンプーの使用方法はこちら!製品特長や口コミなどを記載。

クオルシアのピンクシャンプーの製品特長はこちら

結論から言いますと、クオルシアの製品特長はなんと言っても、業界1と言っても良いくらいの「ピンク味の強さ」となっています。
クオルシアの消費者の方の口コミでもその濃さが評価されており、高評価が多かった印象です。
またクオルシアのカラーシャンプーからはピンクだけではなく、紫やオレンジ・アッシュが発売されていまうす。
新色でアッシュとオレンジが追加し、より一層アッシュとオレンジの新色の色味の濃さが気になるのではないでしょうか?

クオルシアピンクシャンプーの詳細はこちら

それでは早速、クオルシアのピンクシャンプーについてご紹介していきます!

クオルシアピンクシャンプーとは

クオルシアのピンクシャンプーは業界一の濃さで有名なカラーシャンプーとなっています。
ピンク色の色素がかなり強く、毛束に染めた際にカラー後の様な色味を実感することが可能となっています。
Amazonの他にもドンキなどでも販売されており、ピンク色の強さが特長となっています。
濃い色味を入れたい方におすすめとなっていますので、こちら是非ご使用してみてください!

商品名 クオルシア ピンクシャンプー
容量 300ml
価格 1,779円
ml単価 5.9円
Amazonリンク クオルシア ピンクシャンプーの購入はこちらから
成分 水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、加水分解ケラチン(羊毛)、ローマカミツレ花エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、アルニカ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、グリチルリチン酸2K、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、コンフリー葉エキス、BG、EDTA-2Na、PPG-2コカミド、エタノール、クエン酸、グリセリン、コカミドメチルMEA、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ラウリン酸PG、安息香酸Na、香料、(+/-)紫401、HC青2、塩基性赤51

ピンクシャンプーの使用頻度はこちら

ピンクシャンプーは2~3日に一度の頻度で使用するのがおすすめとなっております。
黄ばみが出やすい髪や色落ちが早い髪なら2日に一度、それ以外の髪には3日に一度シルバーシャンプーを使用するようにしましょう。

クオルシアのピンクシャンプーの口コミはこちら

続いては、Amazon・楽天別でクオルシアシャンプーの口コミを見て行きましょう!

Amazonでの口コミはこちら

カラーシャンプー自体は初めて使用しましたが、本当に染めたかのように色が濃く入りました!
実際に使用するときは、髪を濡らした後サッとタオルドライをしてから、普段使うシャンプーの量よりも多めに使い、5分程放置するのが良かったです!

私は縮毛矯正で、ブリーチ履歴なし。
普段から暖色系のカラーを繰り返しており、トーンは11〜12の状態でしたが、ブリーチ無しでもしっかりと濃く色が入ったのでお気に入りになりました!
赤強めですが凄く綺麗な色です!

今度は紫シャンプーと混ぜて使ってみようかなと思っています!

引用:Amazon

楽天での口コミはこちら

一回のシャンプーでしっかり色が入ります。ハイライトを入れているのでハイライトの部分には特によく入ります。一週間くらいもちます。洗い上がりもパサつきを抑えてサラサラです。シャンプーで手軽に赤髪になれるのでお気に入りです。美容室ですすめられて買いましたが、送料含めてもこちらで買った方が安いです。

引用:楽天

クオルシア ピンクシャンプーの使用方法はこちら

続いてはクオルシアのピンクシャンプーの使用方法をご紹介していきます。

Step1,頭皮と髪をしっかり濡らす

まず初めの工程が、頭皮と髪をしっかりと洗い流すということです。
髪をしっかり濡らすことによって、髪のキューティクル部分が開くため、カラーシャンプーの色素が補充しやすくなります。

シャンプーの後に髪が濡れた状態でトリートメントをもみこむのは、栄養分を浸透させやすくする意味合い含んでいます。
実はこの作業、カラーシャンプーの場合も同じとなっています。

Step2,クオルシアのピンクシャンプーをもみ込み時間を置く

step,1の作業が完了したら、続いてはこちらの「ピンクシャンプーを揉み込み時間を置く」です。
ここで大事になってくることは、『モコモコに泡立てすぎない』ということ。

カラーシャンプー』という名前に引っ張られてそういうイメージがあるんですが実は逆。

泡立てるほど紫シャンプーの紫味が薄まってしまうので、色素コーティング感はやや緩やかになります。その為、原液をそのまま髪にダーッと付けて、ムラなく手ぐしで馴染ませるのが良いでしょう。
この時に、どうしても多少は泡立ちますが、その程度は問題ありません。
その後メーカー推奨時間で放置します。

Step3,頭皮用シャンプーで頭皮を洗う

カラーシャンプーで放置したら、洗い流します。
その後に洗浄力の高い『頭皮用』シャンプーで頭皮を洗いましょう。

最後に:業界1の濃さで有名なクオルシアシャンプーはかなりの濃さ

今回の記事いかがでしたでしょうか?
業界1濃いで有名なピンクシャンプー『クオルシア』をご紹介していきました。
製品口コミでも色味がよく入ると実際に記載されており、確かな効果が発揮するのが分かります。
やはり、クオルシアとても色味が強く人気のようです。
以上、紫シャンプーLABO編集部でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました