紫シャンプーはいつから使い始めれば良い?効果や注意点など。

紫シャンプー

どうも紫シャンプーLABO編集部です。
今回ご紹介する内容は、紫シャンプーの使用頻度と、カラー後いつからムラシャンを使って良いのかを検証しました。
紫シャンプーの使用用途がわからない方などにおすすめの記事となっています。
それでは早速記事本編行きましょう。
下記に紫シャンプーのランキング記事を貼っていますのでこちらご覧くださいませ!

人気記事:【比較】ドンキホーテで買えるおすすめムラシャン5選!効果やドンキ価格の比較も!

まずそもそも紫シャンプーとは?

まずそもそも紫シャンプーとは一体どの様な製品なのでしょうか。

紫シャンプーとは

紫シャンプーとは、紫色の色素が入ったシャンプーとなっています。
カラーシャンプーの一種で、黄ばみ予防などの効果を得られることで流行っています。

最近では、ハイトーンカラーや、ハイブリーチ・アッシュ系などのカラーが人気となっています。
そのため、紫シャンプーは従来と比べかなりの種類が豊富となってきています。
また、サロン専売品や、黄ばみを取ることに特化しているムラシャンや、色素が濃いモノ、うすいモノなどと商品ごとによって種類が違います、。

紫シャンプーの効果

紫シャンプーには主に下記の3つの効果が期待されます。

【紫シャンプーの効果】

・黄ばみ防止効果
・褪色防止効果
・綺麗な髪色を長く保つ助けをしてくれる
まず初めに期待できる効果が、黄ばみ防止効果となっています。
カラー後の髪色は時間が経つと、オレンジ色になったり黄ばんだりします。
続いての効果が、紫シャンプーの褪色防止効果となっています。
この効果は、黄ばみを抑える効果とムラサキの色味を
この効果は黄ばみを抑える効果と紫の色素を髪に浸透させる効果が関係しています。
黄ばみをおさえつつ、色落ちした色素を継続して補うことで、綺麗に色落ちしてくれます。
最後に紫シャンプーに期待できる効果は、綺麗な髪色を長く保つ助けをしてくれるというものです。
紫シャンプーに含まれる紫色の色素を使用することで、日常生活で色落ちした髪に浸透させる事により、髪色を長期間キープしやすくなります。
また、紫シャンプーによっては、色落ちしにくくなる成分が入っているものもあります。

紫シャンプーはいつから始めれば良い?

カラー後の当日から紫シャンプーを使用することで、ブリーチやアッシュ系の色味の方に効果があります。
しかし、毎日使用することがおすすめしていませんので、当日の使用から2~3日の頻度で紫シャンプーを使用するようにしましょう。

紫シャンプーを使用する際の注意点

主に3つの効果を得られる紫シャンプーなのですが、実際の注意点はどの様な物があるのでしょうか?
紫シャンプーを使用する際の注意ポイントは下記の通りです。

【紫シャンプーの注意点】

・紫シャンプーはヘアケアが苦手
・紫シャンプーを使用する際は汚れに気をつける
・髪を染めるのにはおすすめ出来ない
紫シャンプーの注意ポイントは主に上記の3つのポイントになっています。
紫シャンプーは、通常のシャンプーと比較しても、ヘアケアが苦手な傾向にあります。
その為、継続して使用を続けると髪がキシんだり、乾燥してパサついてくる事も見受けられます。
しかし、紫トリートメントと呼ばれるモノも発売されており、紫シャンプーと併用して使うことで、高いヘアケア効果を得ることが出来ます。
続いての注意点は、紫シャンプーを使用する際は汚れに気をつけるという事です。
紫シャンプーの色素はとても強く、しっかりと洗い流さないと衣服やタオルに付着し汚れてしまいます。
浴室や洗面所に紫シャンプーの泡などが付着してそのまま乾いてしまうと、汚れがとても落ちにくくなるのでこの点にも注意が必要です。
最後の紫シャンプーの注意点が、紫シャンプーで髪を染めるのをおすすめしないという点です。
紫シャンプーには紫色の色素が含まれているので、髪を染めれると思う方も多くなっています。
しかし、紫シャンプーで髪を染めると、予想外の髪色になってしまう場合があるので、紫シャンプーLABOとしては、紫シャンプーで髪を染める事は、おすすめしません。

最後に:紫シャンプーは当日から使用した方が効果的

今回の記事いかがでしたでしょうか?
紫シャンプーをいつから使用するのが効果的かに付いての記事でした。
施術後の当日から紫シャンプーを使用するのが良く頻度としては2日~3日の間隔を空けて使用するようするのが当サイトのおすすめとなっています。
その他にも、効果や注意点なども記載していますのでこちら使用をご検討しておられる方がいましたらぜひ、こちらの記事をご覧になってからムラシャンをご使用してみてください。
以上、紫シャンプーLABO編集部でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました