【頻度】ピンクシャンプーはいつから使う?効果的な頻度などをご紹介!毎日使用はNGなどの使い方も記載。

ピンクシャンプー

どうも、紫シャンプーLABO編集部です。
今回ご紹介する内容は、ピンクシャンプーの効果的な使用頻度や使い方についてです。
レッド系やピンク系のカラーを長持ちさせてくれるピンクシャンプーなのですが、はたしていつから使うのが効果的で良いのでしょうか?
本記事を読むことによって、ピンクシャンプーの使用で効果のある頻度や毎日の使用はNGなどの使い方を知る事ができます。
その他にも幅広くピンクシャンプーのアレコレを記載していますので是非本編チェックしてみて下さい。
あた、下記に人気のピンクシャンプーの記事を貼っていますのでこちらもご覧ください!

人気:【比較】市販のピンクシャンプーおすすめ人気ランキング9選【口コミ・使い方も検証!】

ピンクシャンプーのはいつから使うと良い?効果的な使用頻度とは

結論から言いますと、ピンクシャンプーの使用頻度は、2~3日に一度くらいの頻度で使用するようにしましょう。
基本的には毎日の使用はおすすめできません。
この理由としては、ピンクシャンプーはヘアケアが苦手な点と通常のシャンプーよりも高価な点です。
ピンクシャンプーは継続して使用する事によって効果を発揮するのですが、毎日使用するとなると大変なのも理由の1つです。

1週間使用しないと黄ばみや色落ちが出てくるので、ピンクシャンプーは2~3日に一度くらいの頻度で使用しましょう。
髪が黄ばみやすかったり、色落ちしやすい場合は2日に一度は使用するのがおすすめです。
通常は3日に一度くらいの使用で大丈夫です。
ピンクシャンプーを使用しない日は、通常のシャンプーでしっかりヘアケアをしましょう。

ピンクシャンプーの使い方はこちら

ピンクシャンプーは通常のシャンプー同様に使用することが可能となっています。
基本的な使い方は下記の通りです。

【ピンクシャンプーの使い方】

1,髪に塗布
2,塗布後3~5分放置
3,洗い流し
完成
ピンクシャンプーを効果的に使用するには、シャンプー後はすぐ洗い流さずに、3~5分程度放置しします。
放置することで、髪にピンクシャンプーのピンク色の色素がが浸透します。
放置時間によっては、色の入り方が変わってくるのでお好みで調整するようにしましょう。
また、ピンクシャンプーを洗い流す時は、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
お湯の温度が高くなってしまうと、折角入れたヘアカラーが落ちやすくなってしまうので、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

ピンクシャンプーの注意点とは

ピンクシャンプーを使用する際にはいくつかの注意点が存在します。
ピンクの染料が強すぎるため、服や浴室につけないようにしましょう。
ピンクシャンプーの染料は、かなり濃くなっており、洗い流しても落ちない場合がほとんどです。
浴室の床や壁、浴槽に付いた状態で放置をすると、なかなか取れなくなってしまうので注意して下さい!
しかし、ピンクシャンプーが付いてすぐに洗い流すことで、問題がないので、もし浴室の壁や床についてしまった際にはすぐに洗い落としましょう。
衣類に付いてしまった場合も同様に落ちにくくなっています。
他にも、手や爪の隙間などに色素が沈着してしまうのを避けたい方は、手袋をしてピンクシャンプーをするのも1つの手段となっています。

おすすめのピンクシャンプー5選

続いてはおすすめのピンクシャンプー5選をこちらでご紹介していきます。

Alive(アライブ)カラーシャンプー 極濃ベリーピンクシャンプー

おすすめのピンクシャンプーその1,「Alive カラーシャンプー 極濃ベリーピンクシャンプー」

しっかりピンクの色素が入って、黄ばみもしっかりとってくれるピンクシャンプーです。
極濃というだけあって、とても色が濃いです。
ピンク系や赤系に染めていて、色持ちを重視する人におすすめの商品になります。

商品名 Alive ピンクシャンプー
容量 200ml
価格 1720円
ml単価 8.6円
Amazonリンク アライブの購入はこちらから
成分 水、ラウレス硫酸Na、ステアリン酸グリコール、コカミドDEA、コカミドメチルMEA、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ハチミツ、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ツバキ種子油、バオバブ種子油、マカデミアナッツ油、グリセリン、リン酸2Na、リン酸K、クエン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性茶16、塩基性青75、塩基性赤51、塩基性赤76、塩基性黄57、HC青2、黒401

ソマルカ カラーシャンプー ピンク

おすすめのピンクシャンプーその2,「ソマルカ カラーシャンプー ピンク」

アライブのピンクシャンプーよりも若干色は薄いのですが、こちらのピンクシャンプーもしっかり色が入ってくれます。
また、黄ばみもおさえられて透明感のあるピンクカラーにしてくれます。
ソマルカは髪に優しいピンクシャンプーでもあるので、髪のダメージが気になる人にもおすすめです。

商品名 ソマルカ ピンクシャンプー
容量 130ml
価格 2430円
ml単価 18.6円
Amazonリンク ソマルカの購入はこちらから
成分 水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、コカミドMEA、酒石酸、タウリン、アルギニン、ポリクオタニウム-10、ラウロイルアルギニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、安息香酸Na、ジステアリン酸グリコール、メチルパラベン、香料、(+/-)紫401、塩基性青75、塩基性紫2、塩基性茶16

FCカラーキープシャンプー バーガンディピンク

おすすめのピンクシャンプーその3,「FCカラーキープシャンプー バーガンディピンク」

FCカラーキープシャンプーも色が濃いピンクシャンプーです。
黄ばみを取る効果も若干あり、金髪に使用すると透明感のあるピンクベージュ系の色になりました。
髪色の明るさを保ちつつ、ピンク系の髪色をキープしたい人におすすめです。

商品名 FCカラーカラーキープ シャンプー
容量 250ml
価格 2172円
ml単価 8.7円
Amazonリンク FC ピンクの購入はこちらから
成分 水 ラウレス硫酸Na 水溶性コラーゲン ハチミツ ツバキ種子油 バオバブ種子油 マカデミアナッツ油 コカミドDEA コカミドメチルMEA ポリクオタニウム-10 グアーヒドロキシブロピルトリモニウムクロリド PEG‐3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na グリセリン EDTA-2Na クエン酸 リン酸K リン酸2Na 安息香酸Na 香料 4-ヒドロキシブロピルアミノ-3-ニトロフェノール 赤227 青1 塩基性赤51 HC黄2 HC青2

ALES(アレス)カラー ピンクシャンプー

おすすめのピンクシャンプーその4,「アレスカラー ピンクシャンプー」

程よい濃さのピンクシャンプーです。
黄ばみを取りつつ、ピンクの色素が髪に浸透して透明感のある髪色を保ちやすくなります。
黄ばみのないピンク系の髪色を保ちつつ色落ちしてくれるので、退色の仕方が綺麗なのも特徴です。

商品名 アレス ピンクシャンプー
容量 200ml
価格 1675円
ml単価 8.4円
Amazonリンク アレス ピンクシャンプーの購入はこちらから
成分 水、(C12、13)パレス3硫酸Na、グリセリン、コカミドDEA、コカミドプロベルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ポリクオタニウム-61、ココイルアルギニンエチルPCA、BG、ポリクオタニウム-10、PEG-20ソルビタンココエ-ト、クエン酸、ジステアリン酸グリコール、HEDTA-3Na、安息酸Na、HEDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料、赤106、緑204

エンシェールズ カラーシャンプー ホットピンク

おすすめのピンクシャンプーその5,「エンシェールズ カラーシャンプー ホットピンク」

エンシェールズのピンクシャンプーは、黄ばみをおさえる効果よりもピンクの色素を髪に浸透させる効果が高いです。
エンシェールズのピンクシャンプーは暗い髪色だと、効果を感じられないこともあるので注意してください。

商品名 エンシェールズ ピンクシャンプー
容量 200ml
価格 1700円
ml単価 8.5円
Amazonリンク エンシェールズ ピンクシャンプーの購入はこちらから
成分 水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、PEG-3 ヤシ脂肪酸アミド MEA 硫酸 Na、ココイルグルタミン酸 TEA、ジステアリン酸グリコー ル、 ラウラミド MIPA、 塩化 Na、 加水分解野菜タンパク、 ヒアルロン酸 Na、 テオブロマグランジフロルム種子脂、 白金、 PPG-9 ジグリセリ ル、 ポリクオタニウム -10、 セルロースガム、 コカミドメチル MEA、 ラウリン酸マルチトール、 ラウリルピロリドン、 ペンテト酸 5Na、 PEG-50 水 添ヒマシ油、 グリチルリチン酸 2K、 レシチン、 トコフェロール、 パルミチン酸アスコルビル、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、 ジステアリン 酸PEG-3、 水酸化Na、 塩化Mg、 硝酸Mg、 エタノール、 フェノキシエタノール、 ソルビン酸K、 メチルクロロイソチアゾリノン、 メチルイソチ アゾリノン、 メチルパラベン、 エチルパラベン、 プロピルバラベン、 ブチルパラベン、 イソブチルパラベン、 香料、 (+/-)HC 赤3、 塩基性 赤 76、 塩基性 青 3、 塩基性 青 99、 塩基性 紫 1、 塩基性 紫 2、 塩基性 紫 14、 塩基性 黄 57、 塩基性 茶 16、 紫 401、 赤 213、 赤 227、 ヒドロキシプロピルアミノニトロフェノール

最後に:ピンクシャンプーの使用頻度は毎日よりも2日~3日で使用するように

今回の記事いかがでしたでしょうか?
ピンクシャンプーの使用頻度なのですが、効果的な頻度として2日から3日という事が分かる記事になったのではないでしょうか!
ピンクシャンプーは通常のシャンプーと比べると、価格も高価な為、コスト面で考えても毎日よりも2日から3日で使用する事が大切となっていますね。
使用頻度で毎日使用を推奨している方もいるのですが、紫シャンプーLABOではあまりおすすめしていないので注意して下さい!
以上、紫シャンプーLABO編集部でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました